全国のグルメ情報をご紹介。サントリーグルメガイド 公式ブログ

サントリーグルメガイドTOP

目黒「ピッツェリア&バール パリアッチョ」窯焼きピッツァとタパスを楽しむイタリアンバール

2017.11.28 公式ブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事はikukoが担当しました。

目黒駅から庭園美術館方向へ徒歩3分。窯焼きピッツァとタパスを楽しむイタリアンバール「ピッツェリア&バール パリアッチョ」へ行ってきました。ピザ釜やカウンター席が大きな窓に面しているので、すぐに見つけることが出来ます。

2階席は 40名様までの貸し切りもできるゆったりとしたテーブル席となっているので、落ち着いてお食事を楽しみたい方は、こちらの方がオススメです。

 

お食事のスタートは、一口スープから! 本日はパンプキンポタージュでした。 最初に軽く温かい物をいただくと、なんだかホッとしますね。カップもお店のマークを入れた特注品。可愛い絵柄でふんわりと優しい気分になりました。

続いて「生ハム・サラミの盛り合わせ」。3~4人前とのことでしたが、生ハムを中心にたっぷりと5種類も盛られています!!!

合わせるビールは、もちろん「カールスバーグ」。爽やかでマイルドな飲み口が、ハムの塩気ととてもマッチします。しかも生ハムは数タイプあり、さらにサラミやモルタレッタなど、食感の違うものが盛り合わされて食べやすいのです。どのハムも、カールスバーグによく合います!

「オリーブのマリネ」、「スモークサーモンのシーザーサラダ」と共に合わせていただいていましたが、このボリュームを2人で食べ切ってしまったほど。美味しく食べやすい生ハムでした。

自家製ポルケッタ ~三元豚の香草焼き~」は、豚肉の間にハーブを入れくるくると巻いてグリルしたもの。クミンシードがきいていて、しかも脂がしっかり落とされているため、思っていたよりもサッパリといただけます。

 

そして、いよいよ「カールスバーグ」に合わせて、ピッツァをいただきましょう。

トマトソース、バジルソースやホワイトソースまで種類豊富に取り揃えられているので、散々迷ったのですが「マルゲリータ」に決定! ただし、モッツアレラチーズは水牛の物に変更し、「マルゲリータ・ブッファラ」をお願いしました。本場イタリアでも水牛モッツァレラは高級品。普通の物よりも もっちりとした風味が特徴で、一度食べてしまうとこちらの方が断然美味しく感じます。

国産小麦にこだわった生地も味わい深く、釜焼きならではの、この "焦げ目" が最高の調味料。中心は薄く耳まで美味しいナポリピッツァを目黒で気軽に楽しめるなんて、なんだか嬉しかったです。

 

〆のデザートは「アフォガード」。バニラアイスにエスプレッソをかけたシンプルな味ですが、この苦みがイイ具合に作用して、満腹のお腹にも入ってしまうのでした。

 

「ピッツェリア&バール パリアッチョ」は、カジュアルな店内で、本場の味わいを楽しめるイタリアンバールです。そして、石窯で焼くナポリピッツァはかなり本格的で、ソースやトッピングの組み合わせを色々と試したくなりました。カウンター席で行われる ハッピーアワー(15~18時)は、お得な価格での飲み放題メニューも用意されているので、ぜひ気軽にお立ち寄りくださいね。



カールスバーグが飲めるお店はこちらで検索ください 



紹介しているお店はこちら

※こちらの記事内容はブログ掲載時点での情報となります。
最新情報はお店にご確認くださいますよう、お願いいたします。

この記事をシェア

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事を見た人はこの記事も見ています

カテゴリ

バー・バル・ダイニングバー

エリア

東京

キーワード

目黒 バル ナポリピッツァ 釜焼き 貸切 女子会