全国のグルメ情報をご紹介。サントリーグルメガイド 公式ブログ

サントリーグルメガイドTOP

浅草橋 「肉バル×イタリアン リトルブッチャー」食べ応え抜群のボリュームが自慢!名物ローストビーフタワー。

2017.4.20 公式ブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事はikukoが担当しました。

浅草橋駅から徒歩2分ほどの場所にある『肉バル×イタリアン リトルブッチャー』。厳選した肉料理を、リーズナブルにたっぷり楽しめるお店です。ちなみに店名の「ブッチャー」は「肉の解体をする料理人」の意味で、オーナーシェフは"牛一頭をさばく技術"を持っていらっしゃるお肉のプロフェッショナルでした!

約40席ほどの店内は、シックで落ち着いた雰囲気。フロアのテーブル席がメインで、キッチン前のカウンターが数席、さらに8名様で使える個室もあるようです。

 

まずは「カールスバーグ」。スッキリしていてマイルドな味わいが、お肉やイタリアンにピッタリ合いそうですよね~♪ 早速、前菜盛り合わせと共に頂きましょう。3種は「生ハム・スモークサーモン・鴨のロースト(バジル風)」。どれを最初に合わせるか悩んでしまいます。

 

サラダは「海老とアボカドの半熟ゆで卵コブサラダ」。少しカレーを思わせるようなスパイシーな味付けで、食べ応えのあるサラダです。

 

スモークサーモンとアボカド リコッターチーズのイタリアン春巻き」。こちらは、熱々パリパリの洋風春巻きですね!サーモンのピンクとアボカドのグリーンの色合いも美しいですし、もちろんお味もgood!! ほんのり塩味が付いているので、そのまま食べても良いし、トマトソースが下に敷かれているので、軽くつけながら頂くのも良いでしょう。

 

こちらが、お店一番の名物メニュー「驚愕の300g ローストビーフ」。
牛肉本来の味が楽しめるように、厳選されたアンガス牛を贅沢に300gも使用した逸品。上から横から360℃どの角度方見ても、そのボリュームと高さに驚かされます!!! たまねぎとガーリックマヨネーズが引き出す肉の旨味と溢れる肉汁。"お肉が食べたい"と思ったら、絶対にこれを頼むべき、食べ応えも抜群です。大人気メニュー故、売り切れる場合もあるので、まず最初に頼むと良いかもしれません。

それにしても、カールスバーグのグラスと高さ比べしたくなるほどのマウンテン状態。本当にこの高さは凄いわ~。何度も見てしまうし、SNS用に写真撮りたくなってしまいますね!! 食べ始めてみると、中心部はマッシュポテトを芯にし、その上にスライスした柔らかなローストビーフを美しく盛り付けていました。(お肉も美味しいけど、中のポテトも美味しいのです)絶妙な厚みで、肉感を感じつつも柔らかく食べやすく、味付けは醤油ベースの日本人が大好きなあの味です♪ さらに、もう一歩進んだ食べ方として、"ライス"と合わせて「ローストビーフ丼風」にして食べると、もはや至福の時間が流れます。

 

そして、3種の肉を味わえる「本日のお肉盛り合わせ(約300g)」も忘れてならないスペシャルメニューです。この日は「ザブトン・ハラミ・リブロース」と非常にお得な盛り合わせ。脂ののった柔らかさを楽しむ部分と赤身肉の味わいを楽しむ部分、全部が一度に味わえるという欲張りな一皿でした。

 

〆は、ピザにパスタやリゾットと、肉バルにしてはかなり種類があり悩みます。今日は、お肉をたっぷり食べた後でしたので「トマトとバジルのスパゲッティ」に。パスタは全て生パスタを使用。生パスタは乾麺と違って、もっちりとした独特の歯ごたえが美味しいですよね。シンプルにトマト&バジル味にしましたが、「お肉屋さんのミートソース」とか「カルボナーラ」や「海老のトマトクリームパスタ」、さらには「ローストビーフを乗せた肉バルパスタ」まであり多彩。(ああ、パスタにもローストビーフのせがあるなんて、最後に気が付いてしまいました!! 今度は食べてみたいと思います。)

 

「肉バル×イタリアン リトルブッチャー」は、上質なお肉を心ゆくまで堪能出来るお店。そして、何度も書いてしまいますが「驚愕の300g ローストビーフ」(1,280円:税抜)のコスパはあり得ないくらいに高く、絶対に食べて欲しい一皿。まずは、ランチのローストビーフマウンテン(20食限定)を狙ってみるのもお薦めです。

高品質なステーキならば個室で頂くちょっと特別な日のお肉に、そして、盛り合わせやローストビーフは女子会や普段使いに、と様々なシーンで使える「リトルブッチャー」! ぜひ一度、訪れてみてくださいね。

▼カールスバーグが飲めるお店はこちらで検索できます!ぜひご覧ください。

 

 

紹介しているお店はこちら

※こちらの記事内容はブログ掲載時点での情報となります。
最新情報はお店にご確認くださいますよう、お願いいたします。

この記事をシェア

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事を見た人はこの記事も見ています

エリア

東京

キーワード

カールスバーグ バル イタリアン 肉バル