全国のグルメ情報をご紹介。サントリーグルメガイド 公式ブログ

サントリーグルメガイドTOP

東銀座 「のどぐろの中俣 築地」のどぐろの旨味を最大限に引き出す 名物"原始焼き"

2017.4.20 公式ブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事はikukoが担当しました。

好きな魚の種類は?と聞かれると、必ず上位に入る「のどぐろ」。そんなのどぐろを存分に味わうことの出来るお店へ行ってきました!

東銀座駅と築地駅のちょうど中間、どちらからも徒歩2分ほどで到着する「のどぐろの中俣 築地」。築地の交差点を抜け、大通りから一本小道に入ると、大きな提灯を目印に、古民家の様な風流な佇まいが見えてきます。


威勢の良いスタッフさんに案内され中に入ると、目の前に現れるこの大きな焼き場!! 備長炭が何本も並んでいて、そばに寄るだけでその熱気を感じました。

少し進むと、名物"のどぐろ"が、整列してお出迎え。こんなにズラっ~~と並んでいるなんてスゴイですよね。普通のお魚屋さんの売り場よりも、置かれている量が多いのではないでしょうか!

 

店内は2フロア。1階はテーブル席と厨房、2階は吹き抜けを中心に配置されたカウンター席とテーブル席、そして奥に個室が数室あります。2名~グループまで幅広い客層のお客様がいらしていて、特にサラリーマンの方が多い印象を受けました。魚料理中心ですが、のどぐろは脂が乗りしっかり食べ応えもあるので、男性にも人気なのかもしれません。

また、テーブルにはウェルカムカードが置かれていたりと、細かい心配りがとても嬉しかったです。

 

「プレミアム・モルツ」をまず一杯。段々と暖かくなり、冷たいビールが更に美味しく感じる季節になってきました。薄めのグラスで口当たりも良く、お通しの青菜と桜海老のお浸しと共に頂きます。

 

次に、本日の旬の食材がテーブルに運ばれてきます。もちろんメインは"のどぐろ"。そもそも、のどぐろは赤ムツのことで、北陸ではのどぐろと呼ばれ、その脂がのった味わいから「白身のトロ」として扱われている高級魚。近年さらに人気が高まり、そのため品薄状態に。 "超"高級魚 になっています。

そんな中「のどぐろの中俣」の凄さは、対馬沖の深海300mの漁場を狙い、通常300g位の大きさにも拘わらず、500gを超える極上品質の肉厚のどぐろをしっかり用意されていること!!500gを超えると身体の丸みが全く違ってくるため、非常にジュージーな脂のりを楽しむことが出来るのですって! メニューには大小のサイズ違いが載っていますが、大を選ぶ方が絶対に美味しいですよ!!

そしてのどぐろ以外にも、大あさり、新玉ねぎ、水ナス、そら豆、アスパラなど、旬の食材もしっかり揃っていました。

  

焼物が仕上がるまでのしばしの間、「みょうがの甘酢漬け」をサッパリとサラダ感覚でつまみます。

更に、焼物と並ぶもう1つの名物「五点盛り合わせ、のどぐろ入り」をお願いしました。
目玉は、やはりのどぐろの刺身。白身魚ですがとろりと濃厚な甘さを感じます。その他にも、かつお、ボタン海老、アジ、マグロと、目に鮮やかな5点盛り。特にマグロは、未冷凍の一級品を揃えています。

素材と一緒に、醤油までもひと工夫。オリジナルの出汁醤油を作り上げるこだわりよう。薄口甘醤油をベースに、鹿児島の鰹出汁と生醤油をブレンドしており、醤油だけを舐めてみるとほんのり甘さを感じます。一瞬甘く感じて平気かしら?と思いましたが、実際お魚につけてみると、邪魔するどころか、2倍美味しくなる魔法の醤油 ♪ 普通のお醤油もあったのですが、わたしは一度も使わなかったです。

 

「さつま揚げ」。甘鯛とイシモチを使い、お店で1時間練り上げて作られた、ふわっふわの食感。私の中のさつま揚げのイメージが覆る美味しさでした。これは熱々のうちに食べ切る方が、より美味しく頂けると思います。

  

「そら豆」、「大あさり」。しばらくすると、焼物が次々に上がってきました。炭火で皮ごと焼かれたそら豆は非常に味が濃く、添えられたお塩は必要がないほど。大あさりは中にあさりダシがたっぷり、さらに綺麗に貝柱を外した下ごしらえが完璧です。食べ易いと余計に美味しく感じてしまいますね。

 

メインの「のどぐろ原始焼き」が運ばれてきました。

「原始焼き」は魚を一番おいしくする焼き方です。串を打った食材を炭火の周りに立て、焼き上げる最も原始的な方法ですが、そのシンプルさゆえに焼き手の技量が必要とされます。また焼く際に魚の口を下にして炭火で焼くことで、余分な水分が飛び旨みが凝縮。さらに、遠赤外線効果で綺麗な焼き色が付き、表面はパリッと中はふっくらしっとり仕上がります。

お箸を入れてみると、パりッとした皮目に、ふわトロの身。パサついてしまいがちな焼き魚ですが、しっとりと柔らかく、特大サイズでも、あっという間にぺろりと食べ切れてしまいます。お刺身も良かったですが、のどぐろは"焼き"が一番美味しいですね!!! 頭やしっぽなどもパリパリで美味。最後は殆どなにも残らないくらいまで食べ尽くしました。

「のどぐろ原始焼き」は、初めてオーダーする時、もしかしたら少しお高く感じるかもしれません。でも、600g近いのどぐろは本当に貴重品なのです! 元のお魚自体の値段を考えたら、正直3,980円は破格値だと思います。こちらに来たら絶対に食べて欲しい一品です。

 

最後は「おろし蕎麦」。辛味大根をピリッと効かせたお蕎麦で、冷水で締めたきりりとしたのど越しを楽しめます。

 

「のどぐろの中俣 築地」は、貴重な"のどぐろ"を「原始焼き」で大変美味しく食べられるお店です。この他にも、漁港直送の鮮魚や酒の肴も豊富に用意されていました。そして、今回は頂きませんでしたが、貴重な蔵元焼酎も豊富に取り揃えているとのことです。ゆったりとした落ち着いた造りの店内は、席のバリエーションも多彩なので、接待や歓送迎会にもピッタリ! ぜひ、様々なシーンでご利用ください。



プレミアム・モルツが飲めるお店はこちらから検索ください。


紹介しているお店はこちら

※こちらの記事内容はブログ掲載時点での情報となります。
最新情報はお店にご確認くださいますよう、お願いいたします。

この記事をシェア

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事を見た人はこの記事も見ています

カテゴリ

和食

エリア

東京

キーワード

築地 和食 魚 居酒屋 のどぐろ 完全個室 接待