全国のグルメ情報をご紹介。サントリーグルメガイド 公式ブログ

サントリーグルメガイドTOP

新宿 「いかの墨」越後の味覚が勢ぞろい!新潟の旬が味わえる居酒屋

2017.4.13 公式ブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事はikukoが担当しました。

地元新潟で大人気のお店が、東京へ進出!! 新宿南口からのアクセスも良く、気軽に新潟と佐渡の食材を味わうことが出来るようになりました。豊かな海の幸・山の幸を堪能できる上、米どころの特Aコシヒカリの"炊き立て土鍋ご飯"が頂ける大変魅力的なお店です。

店前に到着し、まず目に入るのは"杉玉"。 これは元々は、造り酒屋の軒下に吊るされる新酒の合図。新潟と言えば、なんと言っても有名なのは「お米と日本酒」。お店のシンボルマークとしても最適に思えます。

店内は、若干明るさを落とした大人の雰囲気。中央には大きな焼き場とオープンキッチンが配置されていました。そこにキッチンが見渡せるカウンター席と、そのすぐ前のソファーテーブル席、奥には酒瓶を一面ディスプレイした壁を背にしたテーブル席があります。更にワンフロア上の3階には広間もあってゆったりとした印象です。テーブル席は人数の変化にも多様に対応できるそうなので、大人数での宴会も使用可能でした。

 

今回はキッチン前のテーブル席に落ち着いたところで、プレミアム・モルツ<香る>エールを頂きました。最近、和食のお店で、プレミアム・モルツ<香る>エールの人気が高いようですね!! フルーティで豊かな味が、きっと繊細な味わいの食事に良く合うのだと思います。

まず始めはお通し。出来合いの物が出てくるのかと思いきや!!!この中から好きな物を1人1つ選んでテーブルで蒸し焼きにしてくださるのだそう。これは嬉しいサプライズ。"蟹、海老、ホタテ、大あさり、めかぶ" と、どれも気になり迷います。

二人で悩みに悩んで、蟹と大あさりに決定。お通しなのに、蟹肉に加え味噌もちゃんと乗っているし、当初ハマグリかと思った大あさりは、肉厚でうまみが弾けるよう。目の前で仕上げる楽しさも加わり、この段階でかなりテンションがUPしていました。

 

続いて「特選お造り盛合せ(5点盛り)」に 佐渡沖「ヤリイカの姿作り」を1つに盛り合わせて頂きました。ほうぼう、南蛮海老、天然鰤、活サザエ、〆サバ、ヤリイカとたっぷり入ったお造り。いずれも 新潟の佐渡沖で水揚げされた魚を使い、目の前のキッチンで華麗に捌かれお皿に盛られていきます。1品1品甘味があり、魚好きにとって日本海の幸を数多く頂けるのはとても嬉しいですね。

特に、まる一匹盛られていた"ほうぼう"が美味♪ 意外と東京ではお目にかかることが少ない魚かと思いますが、見た目も可愛らしく大きなヒレが羽の様に広がる美しいお魚、上品な白身が特徴です。

その他、新潟と聞いたら食べたくなる「栃尾ジャンボ油揚げ(納豆)」と「タレカツ」。
栃尾油揚げは、大きな厚揚げにねぎ味噌や納豆などを挟んで焼いたモノ。ほんの少し醤油を垂らして頂くとおつまみに最適な一品に! そしてタレカツは、新潟B級グルメの代表格。通常は「タレカツ丼」ですが、こちらでは丼ではなく、カツの部分だけを提供していました。サックリ揚がったカツに染み込んだソースが後引く美味しさです。

もう1つお肉が欲しくて「つくねのしゃもじ焼き」を追加。ふんわりと柔らかな大きなつくねが2本も運ばれてきました。タレが掛かっていますが、こちらに温泉卵に絡めて食べるとまろやかさが加わります。

そして最後は「村上鮭の村上イクラの釜戸炊き土鍋御飯」。
ちなみにご飯系は、"すべて土鍋で一から炊く" ので約20分ほど時間が必要です、それを見越して少し早めにオーダーを入れてくださいね。 その間、お刺身の盛り合わせで残った分を小さなお皿に纏めてくれたりと、スタッフさんの心遣いも嬉しく、プレミアム・モルツ<香る>エールをお代わりしながら、ゆっくり食事を楽しみました!

蒸らしが終わった土鍋は、開けた瞬間が一番の見せ所。白い湯気がふわっと立ち上り、赤い鮭といくらのコントラストが綺麗です!!肉厚の村上鮭が一面に敷き詰められていて、一瞬ご飯が見えないくらい。この後は、スタッフさん手際よく混ぜ、盛り付けてくれますので、すべてお任せしてしまいました。

1杯目はそのままで、2杯目からはお出汁をかけ茶漬けにし、ひつまぶし風に味を変えて食べることが出来ます。1つの土鍋で2合入っており、3~4人で食べるとちょうど良いくらいかもしれません。(食べ切れない時はお持ち帰り出来る様に、おにぎりや箱に詰めて貰えます。その際はお店の方にお伝えください。)私も持ち帰らせてもらい、翌朝に美味しく頂きました。

「いかの墨」新宿南口店は、のっぺ、紅ずわいがに、のどぐろ、などなど、この日食べ切れなかった新潟名産がまだ数多くあり、新潟まで行かずとも、ここで新潟を堪能できてしまいそうです。新宿駅に近く非常に利便性が高いので、会社帰りに仲間と寄ってみるのも良いですし、女将もいらっしゃいますから、個室利用すれば接待などでも十分対応できるお店だと思います。ぜひ色々なシーンでお使い下さい。




ザ・プレミアム・モルツ<香る>エールが飲めるお店はこちらで検索ください

 

 

紹介しているお店はこちら

※こちらの記事内容はブログ掲載時点での情報となります。
最新情報はお店にご確認くださいますよう、お願いいたします。

この記事をシェア

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事を見た人はこの記事も見ています

カテゴリ

和食

エリア

東京

キーワード

新宿南口 和食 新潟 佐渡 海鮮 宴会 接待