全国のグルメ情報をご紹介。サントリーグルメガイド 公式ブログ

サントリーグルメガイドTOP

池袋「MARUDORI IKE 鶏(マルドリ イケドリ)」石窯焼の丸鶏と自家製漬け込みハイボール

2017.3.16 公式ブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事はikukoが担当しました。

池袋東口に、石釜で焼き上げた丸鶏と自家製漬け込みハイボールのお店がオープンしました。特に岩手県産 清流鶏を使った"MARUDORI"は、外はカリっと香ばしく、中はジューシーに焼き上げられた自慢の一品です。

カジュアルな雰囲気が漂う店内には、スタッフの方々との距離が近いカウンター席と、気軽に使えるテーブル席。2階にはカップルにお薦めな半個室やソファー席が並びます。

  

  

友人と二人で訪れた私はカウンター席へ。こちらでまず一杯!「プレミアム・モルツ」を頂きました。おつまみとして出されたのは「鴨の燻製」。今夜は"鶏づくしで"楽しむことといたしましょう。

 

可愛らしいイラストが書かれたメニュー表には、380円から用意されたタパス類が並びます。軽めなポーションのため、二人でも品数を楽しむ事が出来ますね。まず目に入ったのが「TORIささみの無限ピーマン」。かつお節を乗せた和風な味付けで、こういうのが食べ易くお酒が進むんですよね!

 

三種のチーズをブレンドした濃厚なソースを使った「お野菜畑のバーニャカウダー ~濃厚チーズソース~」(Sサイズ)。毎日届く野菜が使われ、この日は、からし菜、渦巻きビーツ、オレンジ人参などなど、ちょっと珍しいものも入っていました。チーズは運ばれてきた段階で温かく完成しており、すぐに食べることが出来ます。小さな樽の中は氷水入りなので、何時までも野菜がフレッシュでゆっくり食べても大丈夫ですよ。

海老とアボカドのわさびタルタル」は少しわさびが効いていて大人味。アボカドがいつもよりもさっぱりと感じられました。


スタッフさんにお薦めされた「クリーミーマッシュポテトの石窯焼き」。マッシュポテトとチーズの香りが漂い、上にはハムと玉子のトッピング。小さめですがボリュームあります。

 

ここでお店で手作りしているという漬け込みハイボールを1つ。「ハニーレモン&ライムハイボール」を選んでみました。後から絞るレモンとはちょっと違い、じんわりと香りが立ちかなり飲みやすいです。

 

  

そして、待っていた「岩手県産 清流鶏 MARUDORI 石窯焼き」が運ばれてきました。(焼き上がりまで20分ほど時間がかかりますので、オーダーは早めに入れておきましょう。)この形でどうしたらいいのか迷っても大丈夫!!!一度丸鶏を見せて頂いた後は、スタッフの方が綺麗にカットしてくださいます。なので私たちは食べるだけです♪ 周りがパリッとしているのに、中のお肉がふわっと柔らか。下味は付いていますから、一口食べた後はお好みで "バルサミコ酢+マルドン塩" を試してみてください。

丸鶏と合わせて人気の「唐揚げ」も食べてみました。 珍しく自由に部位を選べる唐揚げで[手羽/せせり]を盛り合わせにしています。衣が付いている分、丸鶏よりもさらにパリッとした歯応えが楽しめました。どちらも優劣つけ難いほど、美味しい!!

 

さらに、この日は自家製の漬け込みハイボールが美味しくて、2人でお代わり。黄柚子はちみつハイボール」と「自家製OYASAI酢ハイボール」も飲んでみました。柚子はちみつはちょっと甘めで鉄板の美味しさ。OYASAI酢の方はかなり個性的!!私は好きな感じでしたが、スタッフさんの間でも好き嫌いが分かれるそうです。ピクルスがお好きの方は是非チャレンジしてみてください。



 

〆のご飯は「参鶏湯風 石焼きおこげ」。熱々の石鍋にスープを注ぐと、ジュワワ~~~と湯気が立ち上ります。触ると火傷しそうなぐつぐつ具合。〆ご飯としましたが、おこげが軽いので、食後のスープのイメージで頂くと良いかと。コラーゲンたっぷりの白湯で芯から体が温まります。

 

「MARUDORI IKE 鶏(マルドリ イケドリ)」は、カジュアルでお洒落な居心地の良いお店。さらにレパートリーが豊富、形を変えて沢山の鶏料理を楽しむことが出来ました。また、なんと言ってもスタッフさん達の明るい対応が気持ちよく、ついつい勧められるままにたくさん食べてしまいました。2階まで含めると席数もたっぷりありますので、ぜひグループでワイワイと盛り上がっていただきたいです。

 


プレミアム・モルツが飲めるお店はこちらで検索ください



 

紹介しているお店はこちら

※こちらの記事内容はブログ掲載時点での情報となります。
最新情報はお店にご確認くださいますよう、お願いいたします。

この記事をシェア

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事を見た人はこの記事も見ています

カテゴリ

バー・バル・ダイニングバー

エリア

東京

キーワード

池袋 鶏 ダイニングバー 唐揚げ