全国のグルメ情報をご紹介。サントリーグルメガイド 公式ブログ

サントリーグルメガイドTOP

西麻布「おとら」西麻布交差点に和食とうどんを楽しめるニューフェイス誕生

2017.3. 9 公式ブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事はikukoが担当しました。

西麻布交差点のニューフェイス「おとら」へ行ってきました。愛媛伝統料理を中心に、おでんや串焼きなどの和食全般、そして食事の〆にぴったりなうどんを楽しめるお店です。

六本木駅と広尾駅のちょうど中間地点、美味しいお店の集まる"西麻布交差点"の1つ角に昨年末誕生したのが「おとら」。1階はオープンキッチンを中心に、カウンターやテーブル席が数席並びます。(少人数のお客様や、うどんだけを手軽に食べたい方などは、こちらに座られているようでした) また、入り口近くには大きなおでん鍋が鎮座しており、目に入った瞬間、私の頭の中ではもう"なにを選ぼうかな~?"と考え始めています。

2階は交差点を見下ろすビューポイント。ボックスソファーなので、こちらはお酒を楽しみながら、ゆっくりお食事を取ることが出来そうですね。そして、奥の方は個室がずらり。パーテーションで区切ることが出来るフレキシブルなタイプで、4人~最大40名ほどまで対応できるとの事でした。

 

お通しで出された「たまご豆腐」をつまみながら頂いたのは「プレミアム・モルツ」。ジョッキは、おとら特製でした。サイズは大小2つ用意されていますよ。

 

最初は「おでん5種盛り合わせ」。1階の大鍋を見てから頭の中はおでん一色になっています!! あれこれ自由に選んでもOKですし、おまかせ盛り合わせもありました。やさしい味付けのおでんは食べやすく、盛り合わせもあっさりと完食しました。

「おとらサラダ」は、じゃことかつお節を乗せた和風サラダでした。

  

「鮮魚の5種盛り合わせ」。本日のオススメ鮮魚が、豪華な船盛でやってきました。これはすごい! 運ばれてきただけで盛り上がってしまいます。また、見た目だけでなく、どれも肉厚なカットでたっぷり食べ応えもあります。

 

炉端焼きも美味しいとのことで、単品でつくねともも肉をお願いしました。つくねの場合はよく、卵黄が付いてくるところが多いのですが、こちらはそのまま頂くタイプ。お肉の味と薬味がマッチし、私的にはこのつくね好きです。塩とタレを選ぶこともできるので、ここはお好みでどうぞ!

こちらには「ジムビーム ブラック」の水割りを合わせてみました。普段はハイボールにすることが多いジムビームですが、水割りも美味しいですね。特にこちらのブラックは、長期熟成を経た非常にマイルドな飲み口と奥深い味わいが特長で、炉端焼きとの相性も良かったです。

  

そして、メインのうどん。私は「おとら特製小エビかき揚げぶっかけうどん」にしてみました。まず、驚いたのは大きな器!!!手と比べてこのサイズ感です。大きさ、分かるかしら? ぶっかけの場合、後から出汁を自分でかけるので、かき揚げは熱々のカリカリ、麺もコシがあります。お腹いっぱいで、うどんまで行けるか少し不安でしたが、この美味しさなら頼んで正解!問題なく完食できますよ。

ちなみに、うどんは全品に "小サイズ"もあります。こちらは「キツネうどんハーフ」(小サイズ)。多少どんぶり自体が小さくなっていますが、上をすべて覆うほど大きな一枚揚げなど十分に満足できる一杯でした。 今回私たちは和風のうどんを頂きましたが、次はメニュー表にたくさん乗っていたクリーム系の洋風メニューも試してみたいと思います。

 

最後にちょっと甘いものをが食べたく「お汁粉」をオーダー。粒あんのぷちっとした食感や、お餅もとろりで甘味屋で出てくるような本格的なお汁粉です。

 

西麻布交差点近くは、意外と直ぐに入れるお店が少なく迷ってしまう事しばしば。その点「おとら」は、メニューも多く座席の種類も豊富で、"一人カウンターでうどんを"、"個室での和風女子会"、"打上げパーティ"など、様々なシチュエーションで使うことが出来るお店だと思いました。まずは、気軽にうどんを食べに行かれてはいかがでしょうか?

 


プレミアム・モルツが飲めるお店はこちらで検索ください




紹介しているお店はこちら

※こちらの記事内容はブログ掲載時点での情報となります。
最新情報はお店にご確認くださいますよう、お願いいたします。

この記事をシェア

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事を見た人はこの記事も見ています

カテゴリ

和食

エリア

東京

キーワード

西麻布 六本木 和食 うどん 個室 宴会 女子会