全国のグルメ情報をご紹介。サントリーグルメガイド 公式ブログ

サントリーグルメガイドTOP

赤坂見附 「NoMad Grill Lounge(ノマドグリルラウンジ)」 絶景ルーフトップで熟成国産牛のTボーンステーキを堪能

2016.10.27 公式ブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事はikukoが担当しました。

紀尾井町の赤坂プリンス跡地に完成した「東京ガーデンテラス」。 その中でも話題となっている『NoMad Grill Lounge(ノマドグリルラウンジ)』へお伺いしました。国産牛にこだわったステーキハウスと、都内最大級のルーフトップバー&ラウンジスペースを兼ね備えた、満点ロケーションのレストランです。

「東京ガーデンテラス」の4Fまで上がると、『NoMad Grill Lounge(ノマドグリルラウンジ)』の入り口が目の前に現れます。店内の中央部分は、窓の外の景色やキッチンの様子を眺めることのできる開放的なメインダイニング、そしてパーテーションを隔てプライベートルームが用意されています。ダイニングへ続く通路の途中には、熟成中のお肉が吊るしてあり、良い色合いになっていました。

また、まるで海外のレストランに来ているかのようなモダンな店内にも拘らず、食材からサービスまで"日本"にこだわったニュースタイルのお店。紀尾井町と言う歴史ある場所に相応しく、食材は日本の四季に併せ、契約農園からの野菜、産地直送の魚介、生肉と熟成を極めた牛肉など、「安全」「本物」が提供され、そして、日本のおもてなしを感じられるサービスを受けられます。

イチ押しは、専用セラーでじっくり熟成を極めた和牛ステーキ。銘柄和牛だけではなく、短角牛や赤牛など熟成されることにより醸し出した旨みと芳醇な肉の香りを、豪快なTボーンステーキやトマホークで楽しむ事が出来ます。

 ※注釈
【Tボーン】肉の真ん中にT字形の骨がある。サーロインに骨を付けたまま、内側に付いているヒレを同時にカットしたもの。(サーロイン・ヒレ)
【トマホーク】ネイティブアメリカンの斧「トマホーク」を連想させる、豪快で力みなぎる骨付きリブロース。

 

メインダイニングの一席に座ると、ルーフトップバー越しに、赤坂の夜景が広がりました。 まずは、この夜景を眺めながらのプレミアム・モルツ<香るエール>を頂きます。

当日でもコースを選択することも可能と聞き、どのメニューを選ぼうか大変迷いましたが、この日はアラカルトでお肉をたっぷりと楽しむことに!!

 

「サーモンのハーブマリネ」
1品目は、サーモンをハーブのディルでマリネをした軽めなシーフードメニュー。好みでレモンを絞って頂きます。

 

農園野菜のガーデンサラダ 淡路島オニオンのドレッシング
契約農園から仕入れた野菜はどれもシャッキリ、淡路島産の玉葱を使ったドレッシングには甘味があり、更に野菜が美味しくなります。竹炭パウダーも良いアクセントでした。そしてトッピングサービスとして、グラナダバードチーズ or ブルーチーズを選択できたので、私はブルーチーズをお願いしています。

 

いよいよ来ました!!! 一番人気だという 「30日熟成国産牛Tボーンステーキ」。
軽めの前菜で待っていた甲斐があった1kgの大ぶりなTボーンステーキです!! サーブされた瞬間から熟成された香しい薫りがダイニングに広がります。

熟成庫で最高の状態に仕上げた国産牛を、900度のオーブンで一気に焼き上げた 『NoMad Grill Lounge(ノマドグリルラウンジ)』自慢の一品!

 

付け合わせに選んだ「ガーリックマッシュポテト」。
ふわふわ、とろとろに仕上げられたフレンチタイプのマッシュポテトは、お肉に良く合います。

ドリンクは、少しサッパリ目にビーフィーター24を使用したジントニックを合わせてみました。ジンの風味とライムの苦味が、ジューシーな熟成国産牛をより美味しく感じさせてくれますね。

 

ちなみに、日本でもグリルハウスが増え、サーロインを骨付きのままで食べる機会も多くなりましたが、今回選んだ物は"Tボーンステーキ" と呼ばれるものです。ノマドグリルラウンジでは他にも、ポーターハウスLボーン、トマホーク と部位を選ぶことが出来ます。(ポーターハウス、Tボーン、Lボーンは1kg。トマホーク は2kg。)

※注釈
【ポーターハウス】 肉の真ん中にT字形の骨がある。ヒレ部分はTボーンステーキよりも大きく、Tボーンの最上部位。(サーロイン・ヒレ)
【Tボーン】 肉の真ん中にT字形の骨がある。サーロインに骨を付けたまま、内側に付いているヒレを同時にカットしたもの。(サーロイン・ヒレ)
【Lボーン】 サーロインに付いた骨がL字型に残るようカットしたもの。(サーロインのみ)
【トマホーク】 ネイティブアメリカンの斧「トマホーク」を連想させる豪快で力みなぎる骨付きリブロース

つまり、"Tボーンステーキ" は、サーロインとヒレを同時に楽しめる贅沢な部位になります。実際に頂いてみると、骨のアッチとこっちはまるで違うお肉です。赤身特有の滑らかな食感を味わえるヒレと、濃厚な脂の旨味が楽しめるサーロイン。さらに、最高な状態で管理された熟成具合も感じられ、とても美味しいステーキです。焼き加減はミディアムレアがやはりベストかと!お肉の厚みもたっぷりで、女性2人で1kgは少し多すぎたかな?とは思いましたが、美味しくてついつい完食してしまいました♪

調味料は、かんずり、柚子胡椒、茎わさび。塩、コショウ、トリュフ塩、そして八丁味噌を隠し味にしたソースが出され、自由に楽しめます。(こういう和の食材を合わせると、サーロインでもするりとお口に入ってしまうのが不思議ですね!!)

 

タップリとお肉を頂いた後は、気になっていたルーフトップバーにてデザートを頂きます。踏み入れると、店内から見るよりもかなり広いスペースで、目の前に赤坂の夜景が広がります。また、意外なほど静かでBGMが心地よく響き、まさに大人の空間。これから少し肌寒くなりますが食後はこちらへ出て、しばし寛ぐことをお勧めします。

 
NoMadプリン
ジャージー牛の牛乳を使った特製プリン。濃厚な舌触りで、これだけでも食べに来たいと思ってしまうほどの美味しさでした。

 

『NoMad Grill Lounge(ノマドグリルラウンジ)』は、ランチは比較的お手軽なメニューもありましたし、夜でもPartyプランやコースを使い、女子会や会社の集まりなどで来てみるのも良いですね。また、お洒落をして最上級の熟成肉を楽しむ記念日のディナーなど、色々なシチュエーションでの利用が考えられます。お肉の品質の高さはもちろん!サービスや店内の雰囲気など、どれをとっても紀尾井町らしい大人が楽しめる空間が広がっていました。

 

 

紹介しているお店はこちら

※こちらの記事内容はブログ掲載時点での情報となります。
最新情報はお店にご確認くださいますよう、お願いいたします。

この記事をシェア

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事を見た人はこの記事も見ています

カテゴリ

焼肉・鉄板焼き

エリア

東京

キーワード

赤坂見附 紀尾井町 永田町 ステーキ グリル ラウンジ 夜景