全国のグルメ情報をご紹介。サントリーグルメガイド 公式ブログ

サントリーグルメガイドTOP

木村屋本店 小岩駅前 -小岩-

2016.6. 9 公式ブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

ikukoです。

6月に入り、全国的に梅雨入り、
湿度と共に気温も高くなって来ました。

今の時期、つい"冷たい物"をセレクトしがちで
湿度の変化や、クーラーの冷気に体が慣れていなかったり、
実際は、体が冷えていることも多くあります。

そんな季節の変わり目にオススメなのが、お鍋!!
温まりながら、野菜もコラーゲンもたっぷり取れるもつ鍋を食べて、
ジメッとした梅雨を吹き飛ばしてしまいましょう。


そこで今週は、豊富な九州料理ともつ鍋が美味しい
『木村屋本店 小岩駅前』へお伺いしてきました。


 

 
 
 
『木村屋本店 小岩駅前』は、
駅から線路沿いに進むと、すぐに看板が見えてくるほどの近さ、
会社の帰りがけにも立ち寄り易く、とても便利な場所です。
 
広いスペースに配置されたテーブル席と、壁際のカウンター席、
そして、奥まった部分に、半個室風のソファーテーブル席がありました。
 

 

 
 
 
お席に着いたら、まずはビール!
 
少し汗ばむ気温の中を歩いてきたせいか、
のど越しの良い「プレミアム・モルツ」が、とても美味しく感じられます。
 

 
 
 
 
「お通し」
普段ちょっとした小鉢のお通しが多い中、
こちらはお刺身盛り合わせでした。
なんだか少し得をした気分になれますね♪
 

 
 
 
「九州醤油漬け 盛り合わせ」
アボカド・クリームチーズ・きびなごに、
九州醤油のほんのり甘い風味が染み込んだ一品です。


 
名産のきびなごはもちろん!
チーズもアボカドも程よい味付けで、おつまみとしてピッタリでした。
 

 
 
 
  
「ちくわ明太磯辺揚げ」
磯辺揚げが好きな私。
更に明太子が中に入っているなんて、至福です。
 

 
 
 
 
「ニラ餃子」
肉汁がじわっと溢れる大ぶりな包み餃子。
皮がモチモチで普通の焼き餃子とは食べ応えが違います。
かなり熱いので、火傷にはご用心ですよ~!
 

 
 
 
 
「ふんわり博多とんぺい焼き」
"高菜と豚肉をごま油で炒めふんわり卵で巻きあげるのが博多流"

なるほど!
とんぺい焼きって普通は軽めなサイドメニューを想像しますが、
これは、はみ出すほどに大きな豚バラが巻かれていてボリューム大。
きっと男性陣はこの味の虜になるでしょう。
 

 

 
 
 
 
こちらは途中に飲んだ 角ハイボールの 「びわハイボール(宮崎)」
 
九州果実を使ったシロップで作るハイボールがあったので頼んでみました。
他にも、熊本のデコポン・大分のカボス・博多のあまおうetc...。
県ごとに用意されているので、毎回違う物をオーダーするのも楽しいと思います。
 

 
 
 
 
 
そして、楽しみにしていたお鍋へ。
「博多もつ鍋 花 (塩)」
 
名物の"博多もつ鍋"は、ぷりぷりの国産牛もつを使用し、
創業以来木村屋秘伝のこだわりのスープで仕上げています。
塩・醤油・味噌と3種のスープがあり、お薦めを伺うと、
素材の旨みを味わえる「こだわりの塩」との事、もちろん即決定!
 

 
塩スープは基本サッパリ系。
けれど追加で柚子胡椒やニンニクペーストを入れると
博多で食べる様な、お腹の中から温まるパンチの効いたもつ鍋にも出来ます。
 
 
野菜は、お鍋からはみ出るほどの大盛り。
 

 
 
 
 
メインのもつも、底の部分から湧き上がってくるのではないか?!
と思うくらい、柔らかいぷりぷりのもつがたっぷりと入っています。


 
初めはもつ追加も考えていましたが、お鍋を食べ切るのがやっと。
絶対に〆はチャンポン麺で決める!とも思っていたのに、そちらにもたどり着けずでした。
(これは次回に持ち越しでチャレンジです~!!)


 
 

 
 
デザートは、「長崎カステラ巻きアイス天ぷら」
長崎名物のしっとり甘いカステラにバニラアイスを包み天ぷらに。
衣は温かく中身は冷たいアイスクリーム、という不思議食感なデザート。
甘酸っぱいベリーソースも美味しかったです。


 
 
 
 
 
 
『木村屋本店 小岩駅前』は、
居酒屋さんですが、もつ鍋の美味しさは専門店レベル!
また、九州名産のメニューも数が多く目移りしてしまいます。
会社帰りのちょい飲みや本格的な宴会まで、幅広く活用できるお店でした。

暑い夏にもつ鍋、、、かなりイイですよ!!!
ぜひお試しください。

■□お店情報□■
木村屋本店 小岩駅前
東京都江戸川区西小岩1-22-18 小岩パロマビルB1
03-3658-1109
JR総武線 小岩駅 北口より徒歩1分


 
 
 
 

※こちらの記事内容はブログ掲載時点での情報となります。
最新情報はお店にご確認くださいますよう、お願いいたします。

この記事をシェア

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事を見た人はこの記事も見ています

カテゴリ

エリア

東京

キーワード

北千住 青砥 柴又