全国のグルメ情報をご紹介。サントリーグルメガイド 公式ブログ

サントリーグルメガイドTOP

成城学園 JATI Seijo(ジャティ セイジョウ)のナシゴレン

2008.10.30 公式ブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

55aiaiです。

インドネシア・バリの風吹く JATI Seijo(ジャティ セイジョウ)へ行って来ました!
6年くらい前にリニューアルオープンした居酒屋は、現在の店長さんのお父様が18年前に成城に開いたお店。
今はこの18年の歴史に新しい感覚を種まいて、地元に根付いて来た頃。

現在の店長さんはホスピタリティ溢れるバリ島のホテルで働いていた方。さらにもう一人、バリ人のキッチンスタッフ(日本語OK!)がいるので、私はバリの話でめちゃめちゃ盛り上がってしまいました~♪

バリ島の知人から送られてくるというバリ島発日本人向けフリーマガジンが置いてあったり現地人の方がいるお店ということで、バリへ向かう前に情報収集・・・、という使い方もアリですよね。

 

お料理は決して無国籍なものだけに偏っているわけでもなく、でもバリ料理は本格的だったりしてあれこれ迷いながらメニューを選ぶ時間も楽しそう!
まずは和な串焼きからスタート。7本盛りは群馬県の榛名地鶏を使った鶏肉と有機栽培無農薬の野菜を盛り合わせ。ボリュームが多いので2~3人でも十分だけど、今回は一人でいただきました☆

↓じゅわっと染み出る薄切り豚肉の柔らかさと、焼いてもしっかりとした歯ごたえの野菜たち!これ、取り合いになりそう。笑 ししとう、ミニトマト、しろしめじ。

比較的どのお料理もしっかりとした味付けです。
串焼きの塩気がひと口、またひと口と プレミアム・モルツを誘います・・・♪
注ぎ方がとっても上手で、みるみるうちに泡が再生するふっかふかのバブルプレモル。
 

↓お豆腐の韓国風サラダ。
ま、まずグループだと必ずといっていいでしょう、サラダメニューはマスト。
今回はお豆腐でヘルシーに。。と思ったらやっぱりボリューム多かった。グループだとこれはありがたい。
様々なスパイスを入れたナッツのドレッシング。お店で手作りしているこのドレッシングひとつとっても、自信を持って進められます、と店員さん。
 
生姜が入っているドレッシングでちょっとぽかぽかしてくるくらい。複雑にごてごてした味じゃないのだけど、じわじわっと美味しさがお豆腐に絡むサラダでした。
ちょっと古漬けのキムチは代謝をあげてくれそうで嬉しいわ。 

 ↓ JATI自慢のチーズ入りコロッケ。1個から注文できるまん丸コロッケなのです。

↓とろりと溢れるチーズ、きめ細かいポテト、刻まれたベーコンの香り。
腹持ちも良く、なによりあっつあつで出てくる美味しさがあります。

さてー!最後は私がいちばん楽しみにしていたナシゴレン。バリ島のチャーハンです。
ケチャップマニスという調味料と辛い香辛料を使って作る、とってもシンプルなナシゴレンです。

↓JATIのナシゴレン。
通常ナシゴレンには色んな具が入ります。
しかしここJATI SEIJOでは色んなお料理を食べた後のシメだということを考えて、何も入っていないナシゴレンを出すスタイル。この潔さ、これこそがお店からお客様への心遣いの結晶なのです。
ひと口食べて、これがなーんにも入ってないとは思えないほどに美味しい!
なんで?なんで?と口に運ぶうちになくなってしまう・・・。
はらりとほどけるご飯、トロリととろける卵。ファンも多そうだーー。

現在もご家族でお店を切り盛りされているからでしょうか、すごく家庭的なあったかさを感じるのです。
「また来たよー。」とひとりご飯したくなるような。
「丁寧に作ってます、そのため少しお時間いただきます。」という壁の文字にも、料理そのものへの愛情を感じてしまう。
ゆったりとしたテーブルとお一人様でも安心なカウンターあり。

籐の椅子はゆったりしてて長時間座ってても痛くないの。

バリコーヒーやトロピカルジュースを飲みながらのインドネシア語レッスンなども定期的に開催。
ここが中継基地となって、もっとバリを好きな人が増えれば素敵。
バリの小物もちょこっと置いてあったり。この日以来、一人うちの子になりました^^

 



■□お店情報□■
JATI Seijo
東京都世田谷区成城6-14-2 三輪ビル2F
03-5490-0949
小田急線 成城学園前駅 北口 1分


■本日のキーワード■
地鶏 串焼 | 成城 地鶏 | 成城 無国籍 料理



※こちらの記事内容はブログ掲載時点での情報となります。
最新情報はお店にご確認くださいますよう、お願いいたします。

この記事をシェア

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事を見た人はこの記事も見ています

カテゴリ

その他料理

エリア

東京

キーワード

世田谷 二子玉川