全国のグルメ情報をご紹介。サントリーグルメガイド 公式ブログ

サントリーグルメガイドTOP

黒潮料理 酔鯨亭~大阪・梅田

2008.10. 1 公式ブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

 akaneです。

大阪・梅田の真ん中にあるサラリーマンのオアシス的存在の
“かっぱ横丁”にある「黒潮料理 酔鯨亭」に行ってきました。
 
  
黒潮料理ということは・・・もうおわかりですね。
そう!土佐料理のお店なんです。
看板や店内には“くじら”の文字があちらこちらに。
そして、くじらの他にも珍しい魚がたくさんありました!

まずはつきだし

くじらの大和煮とえのきと下足のおろし和え。
これはビールが欲しくなる味です。「モルツ」で乾杯~。
 
今回はあまり見慣れないメニューがたくさんで、迷いまくってしまったので、
店長さんにオススメを出していただくことにしました。

鯨特選盛り



赤身、胃袋、ベーコン、さえずり、おばけと内容は盛りだくさん。
それぞれがとても個性的で、じっくりと噛みしめて味わってしまいます。
特に私が気に入ったのがおばけ。
鯨の尾の部分でコリコリッとした食感はクセになりそう。。。
酢味噌をたっぷりつけていただきます。


鯖たたき

旬の脂ののりまくった秋さばのたたきです。
軽く炙ってあるので香ばしく、甘みの倍増した秋さばは美味~。
薬味のにんにくの薄切りがいい味出してます!

どろめ

↑これ、何だと思います?
実は“かたくしいわし”の稚魚なんです。
私は初めてお目にかかったのですが、
高知の人はよく食べるそうです。(高知に親戚がいる私の友人の談)
小さいのにしっかりといわしの味がするんですよ。

ウツボの唐揚げ

こちらも初めて食べました・・・。
モッチリとした独特の食感なのに身はやわらかいんです。
なんとも不思議な魚です。
まだ一度も食べたことがない人には絶対におすすめですよ~。

はちきん

卵黄を酒盗に漬けたもの。濃厚な卵黄に酒盗の塩気とうま味が存分に染みています。
これひとつでビールが1杯は飲めます!!・・・本当に!
ちなみに土佐弁で“はちきん”とは“元気な女の子、おてんばな女の子”という意味だそうです。

沖うるめ

土佐沖で一匹ずつ吊り上げられているのだそうです。
熱々のうちに頭からガブリと豪快に食べます。

焼さば棒寿司

ほんのり温かいお寿司ってシメに最適かも~。

今回、初めて食べる食材がとても多くて新鮮でした。
あまり馴染みのなかった黒潮料理ですが、もうすっかり虜です。

こちらのお店はサラリーマン率がとても高いのですが、
そんな中に混ざって黒潮料理&ビールを楽しみたいなって思いました♪



■□お店情報□■
酔鯨亭
大阪府大阪市北区芝田1-7-2 阪急かっぱ横丁
06-6373-0312
阪急線 梅田駅茶屋町出口より徒歩3分

■本日のキーワード■
鯨 料理 | 梅田 鯨 料理 | 梅田 くじら 料理



※こちらの記事内容はブログ掲載時点での情報となります。
最新情報はお店にご確認くださいますよう、お願いいたします。

この記事をシェア

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事を見た人はこの記事も見ています

カテゴリ

その他料理

エリア

大阪

キーワード

大阪駅 阪急梅田駅周辺