全国のグルメ情報をご紹介。サントリーグルメガイド 公式ブログ

サントリーグルメガイドTOP

「おいしい生ビールって?」樽生セミナーin大阪を開催!

2008.6.23 公式ブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
こんにちは、みわです。
6月22日(日)、梅雨真っ只中の大阪に行ってまいりました。

「おいしい樽生ビールって、どういうもの?」ということを関西のブロガーの皆さんとともに学び、
そして実際に「おいしい生ビール」を体感するため、「樽生セミナーin大阪」を開催いたしました!


入れ方によって、同じ生ビールでもこんなに味が違うのですね~。びっくり!
"樽生セミナーin大阪"の会場となったのは、森ノ宮の「 中華家庭料理 李白」様。

こじんまりしていてアットホームな感じ。それに留まらず
店内はブルーのライトが特徴的な、落ち着いた大人の店です。



さて、ブロガーの皆さんにご参集いただき、さっそく樽生セミナーの開始です。
講師は、サントリーの"樽生の達人"三輪です。
グルメガイドのコーナーでもおなじみ!)

「おいしい樽生」を日夜追究し続けて25年。
飲食店様や当社の社員に「おいしい樽生」を入れるための指導を
行っている、まさに達人なのです。

達人から教わった、「おいしい樽生」を入れるには…

★大切なことは洗浄!
ビールサーバーから生ビールを注出するホースや、生ビールを注ぐ
グラス・ジョッキの洗浄はとにかく大切。
きちんと洗浄されていないと、せっかくのビールにイヤな臭いがついたり
泡がきれいに立たないことにつながります。

グラスは布などで拭くのではなく、自然乾燥が一番。
泡もちが違います。


★注ぎかたで生ビールの味が変わる!
同じ樽から同じビールサーバーを通って注がれる生ビール。
それが入れ方によって、まったく違う味になるんです。
実感してしまいました!

それでは、達人直伝のサントリー式「おいしい樽生の注ぎ方」を。

グラスを45度に傾けて、ビールサーバーのコックを手前に倒す。
これで"ビール"が注がれます。

ビールを7割まで注いだらグラスを水平にして、泡を落ち着かせます。

コックを今度は後ろ側に倒す。
これで"泡"が注がれます。

泡をこんもりと乗せて...

完成~!

下からライトを浴び、堂々とした姿のプレミアム・モルツの生ビールです!

よく見ていただくと、上の"泡"と下の"ビール"の間にきめ細かい泡の層
があることがお分かりになるかと思います。
これはその名も「スモーキーバブルス」、これがある生ビールですと
時間が経っても泡が消えにくくなるんです。
さらには、ビールの苦味やエグみもなくしてくれるという、ありがたい泡!


達人自身が実際に"飲んで"お見せします。
ぐぐぐ~っ、ぐいっ。
プハ~ッ っと、この勢いでグラスを戻すと

不思議~、飲んでしまったはずの泡がまた再生されました~。
下から湧き上がるように泡が出てくるのです~。
これも「スモーキーバブルス」のおかげです!


さらに、サントリー式で注いだ「おいしい樽生」は
泡がきめ細やかであることをお見せします。

達人がなにやら生ビールの上に差し込みましたよ。
楊枝です。

柔らかできめ細かい泡により、楊枝は実にゆっくり~と下に
もぐっていきました。
その様子を見ているだけで、泡のなめらかさを感じます。

ここで、ビールサーバーから適当に注いだ生ビールと
達人の注いだサントリー式「おいしい樽生」を、ブロガーさんに
比べて飲んでいただきました。
これが全然違うのだそう!
「おいしい樽生」はクリーミーな泡のおかげでまろやか、
コクのある味わいに感じられたそうです。
同じコックから注いでいるのに、こんなに違うなんて!


ここで、ブロガーさんから質問が。
「冷凍庫で凍らしたグラスで生ビールが出てくるお店もありますが、
 やっぱりそのほうがおいしい生ビールになるんですか?」

達人、きっぱりと「違います。」

ビールにもおいしく飲める適温があります。
それは3~5℃。
冷たすぎると舌や喉、食道が「冷たいっ」としか感じず、
味わいや香りを楽しむことができません。
また、氷部分が溶けてくると、ビールが水っぽくなってしまう...
とのこと。

冷蔵庫部分でグラスを冷やしてあるのはOK、おいしく
いただけるそうです。
なるほど。


皆さんもお店で生ビールを飲む際には、この“泡”の味わいを感じて
みてください。
おいしい樽生を入れるお店、と認定された「サントリー樽生達人の店」。
ぜひ足を運んでみてくださいね!


それにしても、先ほどより達人自身が実験台となって、すでに何口も
ビールをゴクゴクゴク~っと飲んでいるんです、一人で。

セミナーご参加のブロガーの皆さんの心はひとつ。「早く飲ませて!」

ということで、大変お待たせしました!
達人が注いだおいしい生ビールで、「李白」様の中華料理を
いただく会に移行~。

別途ブログ記事にてご紹介いたします!お楽しみに☆


※こちらの記事内容はブログ掲載時点での情報となります。
最新情報はお店にご確認くださいますよう、お願いいたします。

この記事をシェア

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事を見た人はこの記事も見ています

カテゴリ

イベント