全国のグルメ情報をご紹介。サントリーグルメガイド 公式ブログ

サントリーグルメガイドTOP

中目黒 スペインバル N_1155の香草オイル焼き

2008.2. 7 公式ブログ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

55aiaiです。

中目黒駅から徒歩4分。 ガードをくぐるとライトに照らされた店名「N_1155」が見えてきます。

エヌ イレブン フィフティーファイブ。これがお店の住所「中目黒1-1-55」だと気づいた時は、気持ちがパーッと晴れたような気がしました。
この「N」は中目黒という意味だけではなく「ナチュラル」のNでもある。


そう、このお店のテーマはナチュラル。
このお店の「ナチュラル」は、素材や料理に向けられた言葉だけではなく、サービス、雰囲気・お店作り、接客、全てにあてはまるもの。作為的ではないこと。押し付けないこと。
これがほんとの意味でのナチュラルかぁ~。

まず最初に運ばれてきたサラダはなんとも不思議な、ふわふわサラダ。
野菜のベイビー!生まれたての野菜なのです。


よぉぉ~く見てみると、、生えてる・・・

テーブルファーム、軽く収穫しながら食べるサラダ。ベイビーリーフなのでとっても柔らかくて優しい口当たりのサラダです。ゲランドの塩、わさびドレッシング、エクストラバージンオイル、バルサミコで。

「地産地消」という考え方から出来るだけ東京都内で作られた野菜を使いたい。そんな思いから東村山の農家へ収穫へ出向くというお店の方たち。
↓この日入荷していた野菜をグリルしていただきました。串揚げやボイル、サラダなど、様々な調理法が選べます。
お店で1/4になるまで煮詰めるというバルサミコ。酸味やえぐみが強いイメージのあるバルサミコですが、これはむしろ甘さが大。これがゲランド塩と助け合って野菜を引き立てています。
水分溢れるエリンギ、しっかり濃い味ぼっちゃんカボチャ、茄子、トマト、アスパラ、紅あずま。

↓ぽってりとしたガラスのジョッキ。プレミアム・モルツ

↓トマトと小海老の香草オイル焼き。有頭海老のミソがたっぷりオイルに溶け込んでいます。軽いガーリックでアヒーリョ風です。


↓蒸し焼き野菜。自家製パンチェッタと半熟卵添え。staubで蒸し焼きに。
スープは野菜の水分とパンチェッタの旨みのみ。とっても優しい味です。

↓マッシュルームのオイル焼き。刻まれているのはイベリコ生ハム。生ハムの脂をオリーブオイルの中に投入するという小技が!香りが立つし甘さも拡がる・・・いいですね!



お客様が感じた事がお店を作る。「私たちは○○なお店です。」という枠にとらわれず、ジャンルも味もイメージも、お客様が感じたままに。店長さんの言葉がとても印象的。
1階と2階では多少セッティングなどが異なります。階段上のガラスのシャンデリアが素敵。ブルーの照明も洗練された感じがした。
店員さんと楽しそうに話しているお客さん多数。友達に会いに来る様な感覚で使いたいお店です。



■□お店情報□■
ナチュラルレストラン N_1155
東京都目黒区中目黒1-1-55  1F/2F
03-3760-1001
東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅より徒歩5分/東急東横線 代官山駅より徒歩10分



■本日のキーワード■
中目黒 スペインバル | 代官山 スペインバル


※こちらの記事内容はブログ掲載時点での情報となります。
最新情報はお店にご確認くださいますよう、お願いいたします。

この記事をシェア

この記事をシェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ

この記事を見た人はこの記事も見ています

カテゴリ

洋食・西洋料理

エリア

東京

キーワード

中目黒 自由が丘